補償コンサルタント、家屋調査・住宅関連調査・環境調査・測量等の専門家集団

RECニュース
まん延防止等重点措置の適用について
2021.04.28
「まん延防止等重点措置」の適用について

弊社では、新型コロナウイルスの感染症拡大に伴い、以下の通り対策を実施しておりましたが、変異株ウイルスの感染拡大に伴い、千葉県(千葉市、松戸市、柏市、市川市、船橋市、浦安市、野田市、流山市、我孫子市、鎌ケ谷市、習志野市、八千代市)に「まん延防止等重点措置」が適用されました。

この「まん延防止等重点措置」の適用をうけ、下記対策を更に強固に進めて参ります。

◆人と人との接触に関しての工夫
・テレワークの更なる推進 (出勤者7割削減に取り組む)
・分散出勤の導入


※出勤する場合
・自動車等公共交通機関以外での出勤
・時差出勤/時差退勤の導入


◆会社独自のPCR検査を導入

・直接的な濃厚接触者でない関係者の感染の有無を知るため独自のPCR検査導入



◆ゴールデンウィークの有給奨励

・人流を抑制するためゴールデンウィークの出勤日は有給休暇の取得を奨励

◆除菌スプレーにて衣服の除菌
・出勤時または帰社時など外部から社内(屋内)に入る際は衣服を除菌スプレーにて除菌する (ウイルスにかからない、ウイルスを持ち込まない)


◆クレベリン(空間ウイルス除去)・除菌スプレーの配布
・外出時、調査時にはペンタイプ・クレベリン(空間ウイルス除去)


 除菌スプレーの携帯を徹底
     
◆空気清浄機、非接触型体温計の設備導入
・出勤時、出入口に非接触型体温計を用いて体温測定を実施


◆マスク着用・手洗い・うがい・アルコール消毒の徹底
・外出先から帰社したとき
・飲食する前
・出先等で手洗いできない場合は、携帯しているアルコールで除菌


◆健康状態の把握
・熱を毎朝測ってから出社し、下記症状がある場合、上司に報告し、指示を仰ぐ(無理に会社に出社しない)
・37度以上の発熱
・咳が出る場合
・倦怠感や息苦しさがある場合
・その他風邪の諸症状がある場合


◆会議等における参加者間の間隔の確保
・2m以上間隔をあける


◆定期的な換気の実施
・概ね2時間おきに5~10分換気をおこなう


新型コロナウィルス感染症の拡大が収まるまで、
上記の対策を継続いたします。
2021.04.28 06:59 | 固定リンク | お知らせ