補償コンサルタント、家屋調査・住宅関連調査・環境調査・測量等の専門家集団

事業紹介 - 環境調査関連業務

日照阻害調査

日照阻害は、高層マンションや高架構造物(高速道路や鉄道の高架橋)などの日陰によって、居住空間や庭木等の植物・農作物が受ける影響をいいます。

日陰がもたらす影響として、まず住環境への影響としては、人の健康影響や照明使用時間・冬季の暖房時間の増加による光熱費の増大などが掲げられます。農村地区では農産物の生育阻害等が問題となることがあります。

日照阻害とは日陰がもたらすこのような環境悪化現象のことで、日照阻害問題に対応するため、建築基準法において一定規模以上の建築物は日陰に対する規制基準内での計画を義務付けていますが、建築基準法を尊守していても日照阻害はすべて防げるものではありません。また、都心部では単体の高層建築物だけでなく、複数の構造物による複合的な影響を受けることが考えられるため、都心部の商業地域等におけるマンション等の日照阻害対応は、地域の実情に合わせた様々な対応を考慮し、詳細な調査が必要となります。日照阻害に関連することで、お困りの際はご相談下さい。

  • 日照阻害調査
  •